施工業者による現地調査

福岡でも東京でもそうですが、まずは施工業者による説明があり、それで満足行った上で、実際に施工を行います。
ただし、実際に太陽光発電システム工事をする前に、やらなければならないことがあります。
それは、現地調査です。
同じ福岡県内であっても、地域によって、そしてお宅の状況によってもかなり異なります。
太陽光発電を設置して、果たして効果があるのかを調査しなければなりません。
では、その現地調査というもの、一体何を行うのでしょうか。
まずは、周囲の環境をチェックします。
周囲の環境というのは、どういったものでしょうか。
まずは、周囲に障害物がないかどうかです。
南向きに、林が高層ビルがあったりするといけません。
次に、日当たりをチェックします。
この日当たりの調査というのは、原則として晴れた日に行います。
最大の発電量というのを調査しないといけないからです。
ですので、雨が降ったりしたときなどは、この現地調査自体が延期されます。
次は、屋根に上がっての調査です。
屋根に上がることで、屋根の形状を確かめることができます。
屋根の形状も、フラットなものもあれば、切妻、寄棟といったパターンの形状もあります。
お宅によっては、切妻と寄棟を組み合わせた形状の屋根を持っている場合もあります。
そういった場合にも、それぞれの形状に合わせて、最適な太陽光発電パネルの型と、その配置パターンというのをシミュレーションします。
また、屋根の強度もこのときにチェックします。
補強が必要な屋根かどうかというのもチェックします。
また、屋根によっては、瓦を外して、そこに太陽光発電パネルを埋め込むと、いう形を取る場合もあります。
それですと、屋根にかかる重量を大幅に減らすことができるからです。
最後は室内に入って、配線チェックをします。
分電盤の位置やモニターを設置する場所を確認します。
現地調査自体は、40分程度で終了するものです。
長くても、1時間もあれば終了してしまいます。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>